赤ちゃんを連れていると人が寄ってくる

赤ちゃん連れで行動していると、日々いろいろな方とお話しをする機会が増えました。

話しかけてくれるのは、赤ちゃんを連れているママだけではありません。

私が今まで経験したことなので地域や生活環境、行動パターンなども影響していると思うので絶対というわけではありませんが。

声をかけられる率が高いのがスーパー公共機関にいるときです。

スーパーで買い物をしているとき。

これはかなりの確率で声をかけられます。おばちゃん、おばあちゃんだけじゃなくおじいちゃんも。女性は子育て経験のある方が多いと思います。

「今、何ヶ月?男の子?女の子?離乳食食べてる?母乳だけ?ミルク?一人目?夜ちゃんと寝る?」などなど、経験者だけあって次から次へと具体的な内容の質問をされます。

何かの記事で読んだことがありますが、母乳が出ないママや完母(完全母乳)のママなどはこういうことをいちいち聞かれるのが嫌だと書いてありました。

「母乳だけで栄養は足りているのか?」とか一言多い人がいるみたいですね。高度経済成長の時代はミルク神話と言われる時代で、ミルクがいいと刷り込まれて子育てした人からはそういう発言もあるのかなぁ。

私の場合は「混合です」と答えているので、「そうやね、それがいいわ」と言われます。こういう発言が自分の子のことをよく分からないのにいいとか悪いとか言われる筋合いはない!と受け取る方もいるということですよね。

それでも、赤ちゃんを一目見て癒されたい感が伝わってきますので、好意的に受け取るようにしています。

そして、朝のスーパーでは年配の夫婦が一緒に買い物をしている姿をよく見まかけす。

奥様に付き添って買い物に来ている男性というのはスーパーではやや邪魔者扱いされがち…そして、ヒマなのです。少なくとも奥様よりは買い物に集中していません。この年代の男性は奥様が専業主婦で家事全般をされていたことが多いので、一緒に買い物をして「おお、これは安いな。今日の料理のおかずに入れてアレを作ろう」なんて思っている人は少ないのです(多分)。そんなおじいちゃんは、ベビーカーでキョロキョロしている赤ちゃんと目が合うのです(多分ばっかり)。

赤ちゃんと目があって、ニコっとされた日にゃ近づいてきて、髪の毛が少ないだのフサフサだの、足がムチムチで太いだの、よだれが垂れているだの、ほぼ見た目で思ったことそのまま言ってきます。

それでも、好意的な雰囲気が伝わってくるのでありがたいです。何度も同じおじいちゃんに同じことを話しかけられたこともあります。

私は「また、同じ人や」と思って気まずいけど、おじいちゃんと息子には関係ないようです…

あとは、50〜60歳代のじいじ、ばあば世代の人。この方たちは孫が同じように赤ちゃんであることが多いです。

「今、何ヶ月?男の子?女の子?」と答えると、「うちの孫が4ヶ月で〜」「うちは女の子の孫が生まれて」と孫の話をし始めます。初孫ともなれば孫の話が止まらなくなることも。「おめでとうございます。

4ヶ月だったら、笑ってかわいい時期ですよね。」とか「女の子だと柔らかくて抱っこしてもとっても癒されますよね。

かわいい服とか着せられて羨ましいです〜」とか言うととっても嬉しそうにされます。

実際に夫の両親は、長男が生まれてからショッピングモールやスーパーで孫と同じぐらいの赤ちゃんがいるとジーっと見てしまって、ときどき話しかけると言っていました。

公共の場所

電車、公園、市役所や病院の待合など

内容に関しては上記と同じですが、いろいろなところでも見守ってくれている人がいると感じられます。

要するに少しだけ時間がある人は余裕があるので、優しい気持ちで話しかけてくれるのです。

お店で相談されることも

ショッピングモールでは、買い物をしているときに隣で初孫フィーバーの夫婦が「これかわいい。靴は何センチやろうか?」などとカゴに大量の服を入れていました。

そして「靴は何センチのを買ったらいいか教えて」と声をかけられたのですが、

聞けばお孫さんはまだ生まれたばかりの0ヶ月!

「つたい歩きは8〜9ヶ月頃だし、歩き出すのはもっと先なので成長も個人差があるし、もう少しして似合うものがわかってから買ってあげたほうが喜ばれると思いますよ。成長が楽しみですね。」とお答えしました。

すると、お二人ともハッとされたようで「じゃあ、服のサイズはどれを買ったらいい?」と聞かれ、

「服は70cmぐらいまでは季節によって着れる時期か決まってくるので、70cmは季節ものと思ったほうがいいと思います。80cmは長く着られるけど、普段着ならハイハイやタッチの状態で着替えさせられるものが楽ですよ。」と伝えました。

しばらくして、二人で服を数枚戻していました。

ドラッグストアで買い物をしていたら、「あなた、ちょっとこっちにきて見てくれない?」と。連れて行かれたのはオムツ売り場でした。

「孫が生まれて、生後10日になるんだけど、オムツはどれがいいの?サイズはどれ?」とオムツのメーカーを聞かれました。

なぜ、その子のママに聞かないのか理由はわかりませんが、私が使っていたものを教えました。

と、私はこんなことがよくあるのですが、もともと道を聞かれやすいタイプなので、赤ちゃん連れという最強の組み合わせ?で相乗効果があってかほんとうによく声をかけられます。

いや、ぼーっとしているからヒマそうに見えるのかもしれないな…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする