RSウィルスが流行ってきた

ニュースでも何度か耳にしたのですが、RSウイルスが流行っているようですね。

先日、次男の喘息の薬をもらいに小児科を受診したのですが、そのときに先生から
「今、RSウイルスが流行ってるからね。今週だけで4人いて、2人は入院したんよ。2人とも1歳半ぐらいの子やったわ。この子(次男)はRSで1回入院してるから、もし熱がでたり咳がでたりしたらすぐ受診してな。RSは症状が悪化するのが早いから、早めに受診して。」と言われました。

そういえば、生後10ヶ月のときにRSウイルス肺炎で入院したんだった!
もう入院はしたくない…

RSウイルス感染

  • RSウイルスは乳児(1歳未満の赤ちゃん)が感染すると重症化しやすい。
  • 幼児以上の人が感染しても軽症であることがほとんど。
  • 生後1歳までに半数が生後2歳までには100%が感染すると言われている。
  • 症状は、咳、鼻水、発熱。悪化すると呼吸が浅く、速くなる。ゼーゼーする。痰が絡む。といった肺炎、細気管支炎の症状がでる。
  • 潜伏期は4〜6日程度
  • 感染経路は、飛沫感染、接触感染。
  • ウイルス排泄期間は7〜21日。

今の時期は運動会の練習で狭い空間にたくさん人が集まったりすることが多いので、感染が拡大しやすいとのことでした。

どうか皆様もお気をつけくださいね。

参考までに次男のRSウイルス肺炎の経過です。よかったらご覧ください。
生後10ヶ月/RSウイルス肺炎で入院

生後10ヶ月/RSウイルス肺炎での入院当日から1日目

生後10ヶ月/RSウイルス肺炎での入院2〜4日目

生後10ヶ月/RSウイルス肺炎での入院5日目から退院まで

赤ちゃんの1週間の入院でのお金の話

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする