乳幼児の病気/突発性発疹1回目(次男)画像あり

11月下旬に1歳6カ月の次男が突発性発疹になりました。

突発性発疹

  • 乳児期(0〜1歳)に発症することが多い。
  • 原因はヒトヘルペスウイルス6またはヒトヘルペスウイルス7。
  • 1度目の突発性発疹はヒトヘルペスウイルス6、2度目はヒトヘルペスウイルス7であることが多い。
  • 熱性発疹性疾患である。
  • 季節性はない。
  • 38℃以上の発熱が2〜4日ほど続いた後、解熱とともに発疹(鮮紅色の斑丘疹)が体幹を中心に顔面、四肢に出現する。
  • 一般的に予後は良好である。まれに、脳炎、肝炎、血小板減少性紫斑病など重篤になる場合もある。
  • 治療は対症療法。

次男の突発性発疹の経過(以下画像あります)

●21日(火)
朝は元気だった次男。園から帰ってきてやたらと抱っこをせがみました。
身体が熱かったので熱を測ったら38.5℃ありました。
鼻水はずっと出てるし、喘息症状も落ち着いているし…何かの感染症かな?と思って様子を見ていました。
食欲はあまりなかったのですが、そのままよく眠っていて一旦38.9℃まで上がったのですが、下がってきたので朝まで何もせずに様子を見ました。

●22日(水)
翌日は熱が下がっていたのですが、念のため園を休ませました。かかりつけの小児科が休みだったし、熱も下がっていたので受診しませんでした。

夜になって再び発熱!夜中に40℃まであがって、解熱剤の坐薬を2回使いました。

●23日(木)
祝日だったので、こども急病センターを受診しました。熱の割には元気な様子でした。土曜日も熱が下がらなかったらかかりつけ医を受診するように言われました。

●24日(金)
熱も下がり食欲も復活して、何の熱だったのかな?と思っていたら、機嫌が悪くなり「抱っこして」攻撃がすごくて、夫だと泣くのでわたしにベッタリでした。

●25日(土)
昼過ぎにお腹、背中に赤い発疹が出始めました。特に痒いわけでもなさそうで、普通に遊んでいました。でも、ママにベッタリするのは続いていました。

  

●26日(日)
発疹は少し濃くなりました。発疹も抱っこ攻撃もこの日がピークでした(ー ー;)
本当にずーっと抱っこしていて、ご飯の準備も洗濯も夫にしてもらいました。

  

●27日(月)
私も夫も仕事。次男は熱もないし、発疹も薄くなってきたので登園させました。朝、先に家を出る私に抱っこ攻撃だったらどうしよう…と心配していたのですが、機嫌も戻っていて朝出勤する私にバイバイをしてくれました。
帰宅後はさすがにベッタリ甘えていました。

●28日(火)
ようやくいつもの次男に戻り、いつもの日常に戻りました。

長男の時はこんなに機嫌が悪くて抱っこしたかな?
そんな記憶がないのですが、一般的な経過だったようです。
後日、喘息の薬をもらいに小児科を受診したときに上記の経過を説明したら、「熱が下がってる発疹が出て機嫌が悪くなるのが突発性発疹の特徴やからね」「もう1回かかるよ」と言われました。

これでまた一つ強くなったということですね。
それにしても仕事をしていると、いつ熱が出るかとハラハラしますね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

<関連記事>

乳幼児の病気/突発性発疹1回目(長男)

乳幼児の病気/突発性発疹2回目(長男)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする