先の見えない長い長いトイレトレーニング3

4歳長男のトイレトレーニングの近況です。

先の見えない長い長いトイレトレーニング1

先の見えない長い長いトイレトレーニング2

私の場合はトイレトレーニングの完了

  • 自分で尿意や便意を申告できて、トイレで用を足せることとしています。

昨年度の年少のときには、ときどき失敗していた他のお友達がどんどん自立していき

一人取り残された長男。

そして、新年度を迎え年中に進級しました。

はじめの頃は「僕は◯◯クラスだから!」と新しく年中になったことを誇らしげに言っていました。

うんちは殆ど失敗することなくなっており、おしっこが間に合わずに漏らしてしまうことが数回。

園では1週間に1回ぐらい失敗していて、家でも10日に1回ぐらい失敗していました。

おしっこをギリギリまで我慢してしまうようで、いざ行こうと思ったときには止まってドアを開ける、便座のフタを開ける、踏み台を置く、という行為ができず廊下を行ったり来たり走っているうちにジャーっと出てしまうこともありました。

尿意を自覚するのとギリギリまで我慢する感覚はわかっていると思います。

ギリギリまで我慢することで膀胱が徐々に大きくなって容量が増えるためなのか?無意識にギリギリまで我慢するようになっているのか?といいように考えています。

調子よくいっていると思うと、また失敗

本当に何どとなく、「もう大丈夫!」と喜んでは、「やられたー」を繰り返しているので、今更踊らされることもないのですが、

ウンチのときには必ず「ウンチでそう」と言ってからトイレに入り、補助便座なしで直接すわってトイレができるようになりました。

先日、夫と「ウンチはもう大丈夫やね」なんて話していた矢先…

園に迎えにいくと先生が「今日はウンチを漏らしてしまって、でも、長男くんは自分で何も言ってきませんでした。」と言いました。

え??また??

本人に聞いても、モジモジして何も言わないのです。

先生方も心配して、なぜ言わないのか?何かあったのか?と聞かれましたが、特に何も変わりありません。

とにかくシャイなので、困っているのです。自分から言わないことを。

「なぜ言わないのか?」と言われても、困ります。

以前からそうだったからその都度「次からは言ってね。失敗してしまっても教えてね」と言っていました。

一度ペースが乱れるとまた失敗する可能性が高い

家では自分でトイレに行きたくなったら、一人で行けるようになっています。

今日は問題なく帰ってきました。

しかし、夕食後に宿題を終えて、テレビを見ているときに正座をしてモジモジしていました。

「どうしたの?」と聞いても何もないと言います。

結局、ウンチを漏らしてしまっていました。

下痢をしている訳じゃありませんでした。

少し硬めのウンチで、自分でトイレに流したみたいです。。

トイレの鍵をかけていたので、見られたくなかっただと思いますが、「隠さずに教えて」と言いました。

昨日、失敗したので今日もまた失敗日となってしまいました。

まだ、完了までは遠いです。

汚してきたものの処理

いつも、汚れたパンツやレギンスなどはそのまま袋に入れてもって帰ってきます。

ウンチもついたまま。

袋に入れられて持って帰ってきたものは本当に臭いがツライ…

これを洗って片付けないといけないというだけで本当にイライラします。

私の場合

  • ビニール手袋
  • ビニール袋
  • 洗剤
  • 漂白剤

以上を準備します。

まず手袋をして、トイレでパンツを洗います。

しばらくつけておくと硬くなってこびりついたウンチも水で緩んできます。

洗剤をつけて洗って、すすいだら、ビニール袋に入れます。

水を入れて、酵素系漂白剤を入れて口を縛る。

そして翌日の朝の洗濯までつけておきます。

もうすっかり慣れてしまいましたが、いつでもパンツが洗えるようにトイレ掃除もまめにするようになりました。

環境が変わったばかりの4月、今までできていたことができなくなるのはよくあることです。

「トイレのことは自分で言ってくるから大丈夫」って安心できる日まだなようです。

<関連>

先の見えない長い長いトイレトレーニング1

先の見えない長い長いトイレトレーニング2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする