離乳食 ミニおにぎり

先日1歳になった次男。

結構好き嫌いがあって、見た目で美味しくなさそうなものは口にしません。

ずーっとお粥を嫌がって、ほぼ麺とパンを主食としておりました。

麺は、うどん、そうめん、やきそば、中華麺等だと薄味の汁でパクパク食べます。

お粥に関してははじめの一口のみ食べて、あとはべーっとだしました。

10ヶ月ぐらいでもうお粥をせっせと作るのも嫌になり、

ゴハンを食べさせてみると、パクパク食べました。

実は、私もお粥が苦手なので「その気持ちわかるよ!」と息子に共感。

さっそく少しだけ柔らかめのゴハンに変えました。

離乳食、軟飯〜ゴハンのときにはおにぎりが最強

だんだん白ゴハンは食べなくなり、納豆を一緒に食べさせたり、卵そぼろを混ぜたり、減塩鮭フレークふりかけを混ぜてみましたが、一番食べてくれるのがのりです!

さすが日本人!わかってるね!と褒め称えたい。

おにぎり&のりの最強コンビが一番食べてくれます。

しかし、次男は手がベタベタになるのが嫌なようで、スプーンで食べさせると食べます。

他の野菜やハンバーグなどは手づかみ食べするんですけどね…

今のところ、仕方なく次男の横でミニおにぎりをスプーンで食べさせています。

楽してコロコロのミニおにぎりを作ろう!

おにぎりといえば、赤ちゃんが食べるサイズのおにぎりって小さくでいくつも作らないといけないので面倒ですよね(私だけ?)。

長男のときにはおにぎりをお皿にのせると、自分で掴んでべとべとになりながら食べていました。

時間がないときにはお茶碗にゴハンを入れて、その場で小さいおにぎりを作ることもありました。

しかし、食べるペースが早くて間に合わずに苦労したので、そのときあみだした技が

この細長おにぎりです。見栄えが悪くてすみません。

1.ラップにゴハンを入れて細長くなるように軽く転がして、キュッキュッとにぎります。

2.ラップを広げて、スプーンでカットします。このとき、左側に寄せて、左手でラップの上からキュッと軽く握る(指先で整える)と綺麗なコロコロおにぎりになります。

3.我が家ではもみのりを乗せています。お好みの具材を入れたり、のせたりしてミニおにぎりの完成です。

コレはスプーンにのせていますが、一つの塊になっているので手で持つこともできます。

おでかけのときも、この細長おにぎりにしておくと食べさせやすいです。かぶりついてくれなくても、ラップの上から指でちぎってミニおにぎりを作れるので、食べてくれます。

とても雑ですが、楽なのでお勧めです。

書いてみて、こんなん知ってるわと思われていますかね?

もっといい方法をご存知の方教えてください〜〜。


人気ブログランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする